ペット保険は必要?保険の内容について知りたい!

ペット保険は何を保障してくれるの?

ペットには人間の保険制度の相当するものがありません。ケガや病気になったペットを病院に連れて行くと、かかった診療費は自由診療、つまり全額自己負担となるのです。これでは安心してペットと生活ができませんから、ペットとの楽しい毎日のためにもぜひペット保険に加入することをお勧めします。

近年の医療事情向上に伴ってペットの高齢化が進み、ペットのケガや病気のリスクがより大きくなっています。ペット保険に入って月々の支払いをすることでペットの健康補償をしてもらい、飼い主の心とお財布両方の負担を減らしていきましょう。

ペット保険の補償対象の種類は「通院」「入院」「手術」と大きく3つに分けられます。通院の際に保障されるのは、診療費・処置費・処方される薬代です。入院に関しては、入院費用を補償してもらえます。手術に関する保障としては、手術費用だけではなく手術の際に使用する麻酔の費用もペット保険で補償してもらうことができるのです。

近年ではペットも長生きすることが多くなり、高齢化したペットの日常的な通院や長期入院をすることも珍しくありません。そうなるとペットにかかる医療費は、飼い主にとっても高額負担になるケースが充分考えられるのです。

ペット保険はいつ頃までに入ればいいの?

年々高まってきているペット保険のニーズですが、では保険を頻繁に使用する時期はいつだと思われますか?

例えば犬や猫に関しては、一般的にはおよそ10歳を過ぎた辺りから老犬・老猫と判断されます。理由としては、10歳を超えると健康面での問題が出てくることや、そうでなくても足腰が弱ってくるからです。飼い主はペットの健康状態をチェックしながら、ペット保険に入る時期を考えましょう。

ペット保険も人間の保険と同様にたくさんの保険商品があります。そのため、ペットに合った保険商品を見つけるためにも、ペット保険の契約ならペット保険の見積もりを行うことが大事です。