通販型と対面型はどちらが良いか!?自動車保険の選び方

対面型と通販型の自動車保険の違い

自動車保険は、加入する方法によって対面型と通販型の2つに分けられます。対面型は自動車保険の代理店担当者と対面で話した上で、加入する方法です。昔は損害保険会社が自動車保険の加入受付を行わずに、保険代理店に任せていました。つまり、自動車保険の相談や申込手続きは、全て代理店が請け負っていたのです。このため自動車保険に加入する時は、必ず代理店を通す必要があったのですね。

一方通販型の自動車保険は、代理店の担当者を通さずに、ネットや電話を利用して直接保険に加入する方法を意味しています。現代はネットが普及しており、代理店を通さなくても簡単に保険に加入できます。対面型と比べて、通販型は自動車保険の新しい加入方法だと言えるでしょう。

対面型と通販型のそれぞれのメリットとは?

自動車保険の対面型と通販型には、それぞれにメリットがあります。まず対面型は、プロと直接相談しながら補償内容を決めていくことが可能です。ライフスタイルや希望条件に合わせて、最適なプランを教えてくれます。また手続きも担当者が代行で行ってくれるので、スムーズに進めていけます。難しいことを考えなくても最適な自動車保険に加入できるのが、対面型の大きなメリットだと言えるでしょう。

一方通販型のメリットは、対面型の人件費がかからない分、保険料が安くなることです。また加入手続きは、電話やインターネットを利用して、都合に合わせて進めていけます。保険料の安さを重視するのであれば、通販型の自動車保険がおすすめです。

できるだけ早く自動車保険の見積もりの結果を知りたいなら、保険会社のホームページが便利です。必要事項を記入してクリックするだけですから、とても簡単です。