イラスト好き必見!人物イラストを描くコツをご紹介

人物のイラストがうまくなりたい!そんなときは・・・

パソコンやタブレットを使ってイラストを描くという人が、最近は増えてきているようです。また、色鉛筆などの手軽な画材を使って手描きのイラストを楽しむ人も多いのではないでしょうか。

身近な品物やペット、風景などイラストの題材はいろいろありますが、やっぱりキャラクターや人物を描きたい!という人は多いと思います。そこで、今回は人物のイラストを描くコツをちょっとだけご紹介してみましょう。

人物を描けるようになるコツとは?

人物のイラストをうまく描くコツ。ズバリ、それは「模写」です。

すらすらと人物を上手に描いてみせるプロの漫画家やイラストレーターでも、最初からそんなにうまく描けていたわけではありません。最初は「模写」をすることからはじめたという人は少なくないのです。

まずはイラストでも写真でも、「あっ、これいいな」と思うものがあったらとりあえず模写をしてみましょう。模写をすることで観察力がつき、また見たものを再現するための技術力も次第に上がってきます。

でも模写だけでは、うまくいかない・・・

ただし、模写ばかりしているとなかなか自分の絵が描けるようにはなりません。模写である程度納得いくようにまで描けるようになったら、骨格や筋肉のつき方といった専門的な知識が必要になってきます。腕の長さや足の長さなどの、体の比率も一緒に勉強しておきましょう。

そうやって専門的な知識を身につけたら、今度はその知識を意識しながら模写の練習をして見ましょう。多分、以前よりもぐっとうまく人物が描けるようになっているはずです。

ただし、他の人のイラストや写真を模写したものを発表してしまうと著作権侵害になってしまうので、模写は練習だけにしておきましょう。

いかがでしたか?よかったら参考にしてみてくださいね!

イラストの作成は簡単なようで難しいものです。また、知識や技術も必要となるため、イラストを学ぶならイラストの講座がおすすめです。