自動車保険は主契約が大事!特約は必要性を見極めよう!

主契約をメインに保険内容を検討する

将来のリスクに備えるのが保険です。自動車保険は、将来自動車事故が発生した時に備えて加入します。一見、自分が事故でけがをしたり死んだとき、自動車が故障した時のための保険のように感じます。実際の目的は別にあります。それは、相手にけがをさせたり死なせてしまったとき、その補償を十分に行うための保険になります。必ず入らないといけない自賠責は、相手に対する損害賠償分しか補償しません。任意保険を選ぶときにはどうするかですが、まずは自賠責では足りない人身損害賠償分を補います。これが主契約になり、最も重要と言っていいでしょう。自賠責では亡くなったときは3千万円までしか補償しませんが、任意なら無制限で補償する保険に加入できます。

特約は必要性を考慮して付加するかを決める

自動車保険のメインは、自賠責、任意ともに人身損害賠償になります。相手に対していくら補償するかです。ただ、自動車トラブルは自分が相手に対して損害賠償するだけでなく、自分自身がけがをするとき、搭乗者がけがをするとき、自動車が壊れてしまうときなどがあります。せっかく入るならそれらの損害に対応する保険に入りたいと思うかもしれません。保険には特約があるので、色々つけられます。ただし、特約をつければそれだけ保険料はアップします。できるだけ安くしたいなら、使わない無駄な特約はつけてはいけません。保険会社から説明を受けたり勧誘を受けると、いかにも必要そうに感じる特約があります。本当に自分に必要かを考えましょう。

自動車保険の比較をするだけで保険料は安くなります。web上で、ご希望の条件を入力するだけで、スピーディに10社以上の見積もりを取ることができます。自動車保険は必要ですが費用は抑えたいものです。