個人型確定拠出年金は引き出せるの?節税効果はどれくらい?

60歳まで引き出せない仕組みを知っておく

投資をするなら利益を求めます。株式投資なら株価が上がるのを望みますし、配当金を受けたいでしょう。株価が上がって売却すれば売却益が得られます。配当金は配当利益です。それぞれ所得なので所得税や住民税がかかります。せっかく儲けても、すべてを残せません。個人型確定拠出年金では、株式などに投資をする投資信託等に投資をしながら老後資金を積み立てられます。自分で拠出をして自分で運用先や運用商品を決めます。利益に対して税金がかからないのがメリットで、利益を再投資して増やすにも適しています。注意としては、原則として60歳以降でないと引き出せない仕組みでしょう。年金制度の一つなので、一旦積み立てるとすぐには引き出せません。老後資産積立として使う必要があります。

拠出した金額は所得から控除できる

サラリーマンは、自分の所得税がどれくらいあるか、住民税がどれくらいあるか把握していない人もいます。それは、会社が自動的に支払ってくれるからです。所得税は給料を払う都度、住民税は前年分を毎月の給料から自動的に控除します。でも払っているので、その分資産は減ります。できるだけ所得税や住民税を減らしたいなら、個人型確定拠出年金を利用してみましょう。こちらを利用すると、小規模企業共済など掛け金控除として所得控除が受けられます。拠出したお金は年金資産として積み上げられるので、払っていますが自分の資産です。個人型確定拠出年金では、運用資産に銀行の定期預金もあります。これなら減りませんから、税金が減る分お得と言えます。

長期的な視野に立って運用方針を決めるのが、個人型確定拠出年金を活用する場合の基本です。債券と株式をバランス良く組み込むと、高い成長性も期待できます。