税理士がしてくれることってどんなこと!?税理士の業務内容について

税金の申告書を作成する

会社や事業主は年に1回、税務署に税金の申告をしなければなりませんが、この申告書を作成するには専門的な知識が必要になります。したがって税務の専門知識が法務な税理士が、会社や事業主の依頼を受けて申告書の作成をしています。

税理士に申告書の作成を依頼するメリットとしては、時間の削減につながり本業に専念できることです。また税理士に申告書の作成を依頼すると適切な税務算定をすることができます。税金は多く支払っても少なく支払ってもなんらかの損をしてしまいます。税金を余分に払い過ぎてしまうと一定期間を過ぎた場合戻ってこなくなってしまいますし、税金を本来の税額より少なく払ってしまうと数割のペナルティを支払うことになってしまいます。

他にもこんなことをしてくれます

税理士は帳簿書類の作成やチェックの業務を受け付けています。税金の申告書を作成するには、売上げや経費の金額を正確に把握していなければなりません。売上げや経費の金額が誤っていると申告書の作成に影響が出てしまうので、税理士は日々の帳簿書類の作成やチェックを行っています。

他にも税理は税務の相談業務も行っています。税務相談の主な内容は節税や資金繰り、設備投資などについてです。税務の専門家という立場からさまざまな税務内容の相談を受け付けています。

会社に税務調査が入った場合、税理士と顧問契約をしていれば調査の立ち合いや対応を納税者である会社に代わって対応してくれます。税務調査で税務上の処理を指摘された場合でも、処理の適性性や法的根拠を税務署に説明することができます。

個人の相談を比較的親身になって相談に乗ってくれる税理なら岡山県に多くあります。災害で被災した場合の税金の対応やマンション経営など資産の相続など身近な対応をしてくれます。